ゴリゴリして肩の痛みが悪化

常に肩が重たくて、ゴリゴリしている感じ。
肩を真上に上げるような動きとかはできる、腕を肩のところでぐるぐる回すこともできる。けれど、肩中心部は固まってるような感じ。

下の物を取ろうとしたり、棚と床の間に入った物を取ろうとする時、顔だけ下に向けたような体勢で行うと、首から肩にかけて痛みが増悪することがあります。

肩のケアを何もせず、温めることもなく、そのまま寝てしまうと、翌日は痛みが悪化することが多いです。

寝転がって、肘をついて手で枕をするような体勢が、しばらく続くと、あとあと枕にしていた手を下ろせなくなるくらいに痛むことがありました。

夏場は冷房や扇風機をつけたまま寝ることで、肩の冷えは感じないものの肩がだる重い感じになることがよくあります。

冬場は寝るときに肩まで布団に入らずに寝てしまったとき、朝方に肩の部分が冷えてしまい、思うように動かなくなる、だる重い感じになることがありました。

精神的にストレスが溜まっているとき、睡眠不足なときは、肩凝りが悪化することが多いです。

 

痛みがとれないときには薬を飲んでいます

家では湯船に浸かって温めたり、職場では肩にホットパックをしたりする(病院勤務なので、ホットパックがあるからいつでも使える)ことで肩を温めます。温めた後にはもみほぐしたりしたり、叩いたりします。

入浴後から就寝前の間の時間はとても重要で、体全体のストレッチをして、その後特に肩のケアをすることで、翌日の痛みの度合いはかなり変わってきます。

筋膜をほぐして緩めるための簡単な運動をする(靴を脱いた状態で椅子に座って、左右それぞれの足の下にテニスボールをおいて、足でボールを転がす)ことで肩の部分も少し緩和されることがあります。

どうしても痛みがとれず、何も出来なくなるような事態になって、本当に困った時には痛み止めの薬を飲んだこともあります。(今までで一回だけ)

肩と首は繋がっているので、肩こりで痛むときに、無理のない程度で首のストレッチをすることがあります。
体が冷えないように、温かい飲み物をのんだり、積極的に生姜を摂取するように心がけています。

肩こり 腰痛 薬

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です