勉強中に肩が凝ってしまい大変です

私は、普段の勉強中に肩がこることが多いです。

課題がある時やテスト前などは、ノートやルーズリーフにいろんな文字を大量に書いて覚える勉強をするため、1時間、2時間書き続けているとだんだんしんどくなってきます。

また、大学へ行く時もたまにですが肩に疲れがきてると感じることがあります。法学部に所属しており、六法を持参しなければならない授業がある時は肩がこります。

六法は本当に分厚く、2000ページを越す量のある本のため、カバンの中での存在感は異常です。

そして、車の運転をする時も肩がこることがあります。特に長時間の運転や先輩を乗せて運転する時は、緊張したり疲れがいつもより出たりして、力みもいつもより強く出てしまうため、安全運転はできますが、その分疲れが溜まってしまいます。

私は、主に日常生活の様々な場面で肩こりに悩まされています。この3つの中で一番苦しいのは勉強や課題での文章、数式を書くことです。堅苦しい環境に身を置くため本当にしんどいだす。

 

接骨院に通っています!

日常的にできることは、身体の全体のストレッチをして身体を伸ばすことが一番効果的だと思っています。

体育の授業で運動をやる前に準備体操をすると思います。その中で、ストレッチをやるところがあると思います。その要領で、腕から肩にかけてをゆっくり伸ばしてストレッチをして、肩のこりや疲れをほぐしています。

また、私の場合肩こりは首にも少し疲れが出るので、首も回したり伸ばしたりしてこりや疲れを解消しています。
たまに接骨院にも行きます。

地元にあり自宅から10分程度で行ける接骨院です。

スポーツの後にも肩こりが来るため、定期的に行くようにしています。接骨院で電気を流したり、ウォーターベッドで体に刺激を与えたり、腰を引っ張るなど、様々な治療をしてもらえて、体が楽になります。

一番効くのは、先生のマッサージです。基本的には治療の最後にやってもらえます。肩のコリや足の張りがよく分かられている方なので、ちょっと触っただけで「今日はひどいねー」と症状を伝えてくれます。

そしてマッサージによってコリがほぐれるので最高です。

肩こり サプリ 効果

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です