10年以上デスクワークなので、慢性的な肩こりがあります

10年以上パソコンでのデスクワークをしているため、首から肩、背中、腕も含め慢性的な凝り症状があります。

特に肩はかなり硬く、少々揉んだ程度では全く改善しません。首が最も痛いと感じ、肩はあまり感覚を感じません。

背中に近い部分は痺れのような感覚で、手を上げたりなどの動作領域が年々狭くなっているような印象がありす。

眼精疲労や頭痛を伴うこともあり、1日中(8時間以上)仕事をすると肩の痛みが悪化します。左右で痛みが違い、利き手側の肩の方が痛みが強いです。

また、子供を産む前までは、寝ると肩の疲れは取れていましたが、出産後は寝ても疲れが取れず、寝返りをあまり打っていないのか、肩凝りがより酷くなることがあります。就寝中も何度も目を覚ますので若干の緊張状態があるようで、寝違えたような痛みが出ることも多いです。

日中に痛みが酷くなるのは、長時間子供(15キロ程)を抱っこしている時で、左側でばかり抱くので、右肩の痛みが強くなります。

 

youtubeでストレッチを検索したりしています

仕事中はなるべく両腕や首を回すなどのストレッチをします。YouTubeでストレッチ方法を検索して実践してみたり、情報番組でたまたまやっている運動法を試してみたりします。

整骨院、整体院に月に数回通うことで解消する場合もあります。整骨院の場合は、電気・揉み・鍼治療もします。一回ではほとんど変わらず、下手な施術では揉み返しがくることも結構あるので、いろんな整骨院に通ってベストな施術をしてくれる院を探しています。

整体院については、無痛整体で筋肉や骨格の位置をゆっくり戻す方法で、一回の施術で痛みが取れることもあります。

またクッション型マッサージ器具、ツボ押し器具、マッサージチェアーなどを使うことも頻繁にあります。その場合一時的には痛みが軽くなりますが、毎日の仕事ですぐに痛みは振り返します。

実際ストレッチをする時間も、整骨院などに通う時間もあまりないので、普段から解消には至っておらず、ずっと痛みがある状態でいます。

※痛みとオサラバするために!肩こり・腰痛にはこのサプリ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です