これは遺伝?肩こりが酷い

私の肩凝りは、おそらく遺伝もあるのではないかと思っています。

祖父、母が共に酷い肩凝りで悩まされています。長時間ミシンを踏んだりパソコンでの作業をすると、必ずと言ってもいいほど酷い頭痛を伴った肩凝りになってしまいます。一番酷いときは吐き気を伴うときもありました。

事務の仕事をしていた時は特に酷かったです。

頭痛と吐き気で会社を遅刻して行ったりすることもありました。

最近の肩凝りの主な原因は緊張が続くことに寄るストレス性の肩凝りです。

父の葬儀の際には、初めてのことばかりで、普段会わない親戚の方々とも連絡をとらなくてはならず、全員の出欠を確認出来ないまま葬儀当日を迎えてしまいました。

当日になって突然来られる親戚の方もあったので、食事の数が足りなくなるかもしれないと不安になっていた時は、頭がピクピクと軽い痙攣のような症状もでました。

葬儀が終わってもしばらくは同じような症状があり、脳に異常が出たのではないかと不安になったのを覚えています。

 

筋トレのコーチのアドバイスを受けて運動

父の葬儀の際の肩凝りは、脳の不安もあったので病院へ行きCTをとってもらい、脳に異常がないことを確認してから末梢神経に効く薬を出してもらいました。

安心しただけで回復が早まったのを覚えています。

事務作業などで忙しかった頃は、肩凝りを治すのに接骨院へ通ってマッサージを受けてなんとか仕事を続けていました。仕事をやめて結婚してからは、内職などをやっていますが、親戚付き合い等のストレスを解消しようと週一回だけ筋トレに通うようにしています。

筋トレのコーチのアドバイスを受け、入浴後に体を伸ばすストレッチを続けている内に徐々に肩凝りも軽くなってきています。

適度に汗をかいて体温を上げ血流を良くすることが肩凝り解消に一番良い方法なのだと分かってきたので、今は筋トレに行けない日も室内で踏み台昇降運動等の有酸素運動を30分は行うようにしています。

その甲斐あって、吐き気や酷い頭痛を感じるようなことはなくなりました。肩が凝ったと感じた時にすぐにマッサージ機でほぐすように気を付けています。

それから、市販のサプリで肩こりを改善していきたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です