生理前には腰がだるくなり、痛みが酷い

仕事で重いものをたくさん運んだあとに痛くなったり、生理前に骨盤が緩むのか腰がだるく痛くなる。

飲食店で働いていて、どうしてもストックの食材などを大きな箱やコンテナで出し入れする事が多く、またそれが大きな冷凍庫内だったりすると足場が不安定でどうしても変な体勢で動かさなきゃいけなくて腰の筋肉をつりそうになったり、椎間板ヘルニアなので無理をすると坐骨神経痛になる。

坐骨神経痛はそれほどひどい方ではないと思うけど、お尻?腿の裏辺りが痺れるような感じで何をしても辛い。

生理前の痛みは、だいたい1週間前くらいからどうも腰周りがだるくなってきて、3日前くらいからは身体を寝かせたり起こしたりするのもイタタと声が出るくらい痛くなる。

筋肉の強張りのような感じではなく、腰の中心部に鉛のかたまりでもあるような、重くてだるい感じが日を追うごとに強くなって、前日にもなると毎月仕事を休みたいなぁと思うくらい何をしてても痛くなる。

 

 

身体を温めることで少しはましになります

重いものを持ちあげるときに腰を落として脚や腹筋を使うようにする。

脚を伸ばしたまま低いところの荷物を持ち上げようとしたら、いつ腰がビキッといくかわからず怖いので、なるべく脚を開いて膝を曲げて、内腿や腹筋でしっかり支えるように持ち上げると腰に不安を感じにくい。

それでもたくさん物を運んだときはどうしても痛くなるので、シャワーではなくきちんと湯船に入り、効きそうな入浴剤を使ってぬるいお湯に長めに浸かると少しは楽になります。風呂上がりにストレッチをして、なるべくお尻から腿の裏、膝の裏、ふくらはぎなどをしっかり伸ばすようにしています。

ひどい時は腰ベルトをするけど慣れるのは嫌なので、仕事中は酒屋前掛けで骨盤辺りをしっかり締めるようにしています、これだけでもしないよりは全然良いです。

生理前の痛みは、命の母ホワイトで多少おさまる気もするけど良くはならないです。

この痛みもお風呂でしっかり温めて、特に下半身をなるべく冷やさない服装にしたり飲み物もなるべく温かいものを飲み、中からちゃんと温めれば多少は軽減する気がするけど、骨盤そのものがバラバラになっているような感覚なので諦めてます。

高反発マットレス ダブル ランキング

 

妊娠中に腰痛に襲われ薬も飲めずに辛かった・・・

私は、以前は全く腰痛などはありませんでした。
しかし、3年前に妊娠したことをきっかけに、腰痛に悩まされるようになっていきました。

まだ、妊娠初期の頃は、腰に少し違和感があるのかなと思うぐらいでしたが、徐々に痛みや重い感じがでてきました。

しかし、妊娠後期になる頃には、腰が痛くて夜、寝ている際に寝返りが出来ないほどにまでなってしまいました。
とくに、臨月に入ってからが本当に腰が痛かったを覚えています。

腰が痛すぎて、一度横になると起き上がるまでにすごく時間がかかって本当に大変でした。また、階段の上り下りなどの動作でも、腰が重たくてなかなか思うように早く上ることができませんでした。

妊娠中ということもありましたが、腰が痛くて重たい荷物を持つこともできませんでした。
ビリビリと電気が走ったような痛みもありました。

妊娠中のため、整形外科などでレントゲンを撮ることもできず、貼り薬を貼ったり、薬をもらって飲むこともできずに辛かったです。

 

体操をすることで腰が軽くなるようになり、今では貼り薬などを使用しています

ネットなどで検索して、自己流ですが、仰向けにあって、両方の膝を立てて膝を右、左に倒す体操をしていました。

この体操をやると、その日だけですが腰が軽くなったような気がします。しかし、妊娠中でしたので、お腹が大きくなっていくにつれて、仰向きで横になることが難しくなってしまい、妊娠後期にはできませんでした。

また、毎晩お風呂の湯槽にゆっくり浸かるようにしていました。血行が良くなると、腰痛にも効果があるのではと思い、ずっと続けていました。

出産後にも、痛みは続きました。
なんせ子供を抱っこしなくてはいけないため…泣

本当は、整形外科や、接骨院に通って治したいのですが、子供がまだ小さいため、なかなか通うことができません。

今では、骨盤を締めるベルトをつけたり、市販の物ですが貼り薬を貼っています。
そのためか、以前のように電気が走ったような痛みはなくなりました。

ずーんと重たい痛みは相変わらずありますが、以前に比べるととても楽になりました。

高反発マットレス ダブル ランキング

 

もともと脂肪を溜め込みやすい体質

以下の4点が悩みです。

1.もともと食べた分だけ肉になりやすい体質であり、食べすぎたときにどう減らすかが悩みの種。

しかも運動のみで簡単に落ちない。解消しようにも普段からの運動をする時間がなかなか取れない。

2.脂肪がお腹周りに付きやすくいため、食事の際に何が太りにくいかを考える必要があり面倒。

食後にベルトを締めるのがきつくなることもあり、身動きすらおっくうになることもある。

3.2で述べた、お腹周りに脂肪がつきやすいため、体のラインがわかる服装や、温泉、海水浴といった裸になる場所に抵抗がある。

実際ここ10年ほど海水浴や温泉には行っておらず、友人達との旅行にも抵抗を覚えてしまう。

4.1.で述べた、食べた分が脂肪になりやすい点は少量でもしっかり反映されやすいことから、食事の際に何から食べるか、何を避けるかなどを意識することにもつながり、空腹時に自分の好きなものを食べられない、つい控え気味になること。

 

運動と食事で確実に痩せられるように

食事と運動で少しずつ確実に解消させることを考えています。

食事では、ご飯を豆腐や豆に代えて炭水化物を控えること、野菜を毎食ごとに必ず一品は食べるようにすることを現在少しずつ心がけております。

関連して外食の回数も減らし、自炊で野菜や豆類を意識的にとる習慣を心がけております。ただ、肉や魚といったたんぱく質は従来通り摂ることにしております。

食生活と別に、朝夕の通勤時に意識して1駅前から歩くようにしています。1キロ少々ですが、仕事がデスクワークであまり動く事がないため貴重な運動の時間と考えてまいにち実践しております。

以上2点は始めてからまだ2週間前後のため、目立った効果は出ておりませんが、急に脂肪が減るとその分リバウンドもあり得ると考え、少しずつでも確実に減らしていくことを目指しております。

もう少し時間ができれば、歩く距離を2駅、3駅前と増やし、また一食あたり食べる量を減らしていくことも実践を考えております。

糖質・脂質をカットしてくれるサプリがあるということで、参考にしたいです。

 

誤魔化せない脂肪が嫌・・・

冬であればジャケットを着て誤魔化せるが夏場の薄着の季節だとどうしてもお腹回りの脂肪が目立ってしまい、シャツ1枚になりたくない。

海やプールに行くのも躊躇してしまい夏を満喫出来ない。
靴下を履くときや前屈みになるとき、お腹の肉が邪魔になったりする。

脂肪がついてて得をすることが全くなく、悲しい気持ちになる。

季節関係なく、脂肪はすぐに冷えて冷たくなるのでよくお腹を壊したり体調面での余計な心配や、健康診断で引っ掛かった時に書かれる肥満という言葉にグサッとくる。

ダイエットの為にジョギングしてても、脂肪がユッサユッサ揺れて剥がれるんじゃないかと思うような痛みを感じる。

パッと見、たらしないと思われてそうで嫌。

どんなに頑張って落とそうとしても、頑固についてなかなか落ちてくれない。

ちょつとした体重の増減で着れる服のサイズがコロコロ変わって無駄にお金がかかってしまう。
あんまり頑張って落とし過ぎると皮がたるんでしまいそうで怖い。

 

メジャーではないダイエットにチャレンジしたいです

基本的に脂肪をの悩みを解消させるのはダイエットあるのみなので、今は週に3日ほどジムに通って筋トレをしてます。

まだ驚くような体重の変化は見られず気持ちが折れてしまいそうですが、徐々に細くなってきてはいるので
少しずつ脂肪を燃やしながら筋肉を発達させて、痩せやすく太りにくい体質に改善してからダイエットサプリや低糖質な食事制限を取り入れていく予定です。

なるべく安上がりなダイエットにしたいので、脂肪吸引等はやらずになるべく体を動かして自然な感じで
痩せていこうと思ってます。

というのが2か月前の予定で今も継続しつつ、食べ物や栄養、トレーニング方法などを調べたり聞いたりして
学習してる最中で、

今後の予定としては米を食べて痩せるという楽そうで面白い方法を発見したので
筋肉が出来上がり次第、ジムの筋トレを継続させつつダイエットのサプリと同時進行でお米を食べる

半信半疑なメジャーではないダイエットを取り入れていく予定です。

糖質脂質をしっかりカットするサプリも取り入れながら頑張りたいです。

 

 

体重は減らずにストレスばかり・・・

ここ1年くらいで脂肪が増えてきたのですが、特にお腹周りが気になっています。

今まで少し緩かったズボンがキツくなり、今までより大きめのサイズの洋服を買わなければいけなくなりました。
体調の面では痩せていた頃に比べ身体が重く、少し動くだけでも疲れてしまい物を取りに行くのすら億劫に感じてしまいます。

現在立ち仕事をしているのですが、今までなかった足や腰の痛みを生じるようになりました。
それら原因で疲労感が常にあり、痩せなければという気持ちがあります。

しかし、この痩せなければという気持ちがプレッシャーになり、上手くダイエットが出来ていないのが現状です。
食事をしている時が一番幸せというくらい食べることが大好きなのですが、食事制限をして食べる量を減らしたりしました。

それがストレスとなり、限界に近づくと普段以上に沢山食べてしまい、結果としてリバウンドしてしまいました。

またそれもストレスとなり更に食べる量を減らすというループに陥ってしまい、体重は減らずにストレスばかり増えています。

自分に合ったダイエット方見つからず、なかなか痩せれないのが悩みです。

 

好きなものが食べられないのは辛いので、1ヶ月に1回はご褒美

普通に食べる量を減らすというのは私には合わなかったので、量はそのまま食べるものを変えてみようかと思っています。

炭水化物を減らし、その代わりに野菜を摂るように心がけたら満腹感も味わえ感じるストレスも少なく脂肪を減らせるのではないかと考えています。

特に夕食を食べる時間が遅いので、特に気をつけて食事内容を変えていきたいです。

全く好きなものが食べられないのは辛いので、月に1度くらいは自分へのご褒美で好きなものを食べる日を作るようにすると、やる気も継続するのではないかと思います。

また、今まではしてこなかった運動も始めようかと思っています。

小さなことからですが、通勤の時に今までバスを使っていたところを徒歩にしてみたり、エレベーターを使わずに階段を利用することで、エネルギーの消費を増やしたいです。

ジムに通ってみたり、ランニングしてみたりだと続かないと思うので、このような日常生活でできる小さなことから始めてみたいです。

それから、サプリで糖質と脂質を賢くカットして痩せられるようにしたいです。

 

 

立ち仕事で毎日顔がむくむ!メイクも映えなくて嫌!

仕事が、立ち仕事で疲れの残った翌日によくフェイスラインが、はっきりせずに化粧をしても、映えず、悩んでいました。

肩凝りも、あり頭痛があったり、体調も崩してしまうのですが、寝込む程ではないので仕事も、普段どおりこなして、いました。

そんなこんなで、あまり深く気にしていなかったのですが、ある時テレビニュースで、夕方になると脚が、浮腫み、ふくらはぎが、太さが違うとアナウンサーの方が、実際朝と夕方の、自分のふくらはぎの写真を見たのですが、自分の事に当てはまる事が、多く浮腫みを意識するようになりました。

浮腫みは、顔少し、脚は朝夕方で、目に見てわかる感じ体は、毎日悲鳴をあげて、いまのです。

もうこの頃は、頭痛薬や葛根湯など持ち歩いていました。

私自身は、正直言って、病院は大嫌いだけど身体の不調は、なんとかしたいという思いで毎日過ごしていました。

病院も何科を受診していいのか?分からない、ともあれ、仲良しのお友達に相談してみることにしたのです。

 

湯船に浸かったりストレッチをすることでむくみを改善!

浮腫みの酷い時期には、肩凝り頭痛はあり頭痛薬や葛根湯を持って歩いている私に友達から、浮腫みは塩分の取り過ぎが良くなくラズベリー等も食べると良いといわれました。

肩凝りは肩凝りで整骨院に通うことにしました。
整骨院でうつ伏せで、自分自身の生活環境を聞かれました。

立ち仕事で、床が冷たく身体の冷え等も関係ありで先生は、肩凝りの肩をホット枕で温めていたのですが気持ち良く、私自身もホット枕が、欲しかったのでドラックストアで、後から購入しました。

お風呂にも、湯船に浸かる日が、数えるくらいしかなかったので、浸かるのを休みの前の日に決めました。

肩凝りも、少しずつ改善されて顔色や、肌の調子も良くなっていきました。

インターネットで肩凝りのストレッチ等も行い、顔まわりも前より少しずつスッキリしてきました。

顔まわりにも、ツボがあるみたいで、テレビ見ながら押したりして整骨院へも週一で通い、頭痛薬も葛根湯もあまり飲まなくなりました。

顔のむくみ サプリ ランキング

 

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !